2007年04月01日

ダイエットと肥満の男女差

ダイエットで痩せる必要のある日本人の特徴について書きますが、女性については低体重の人が増え、肥満者はむしろ減っています。

ところが、男性はどの年齢層でも肥満者の割合が増えています。

ところが女性は50代以下で肥満者が減少傾向にあり、なかでも20〜30代でBMI 18.5未満の「やせ」の人が20年前の2倍近くに増えました。

国レベルの調査で、肥満の減少傾向が見られる国はほかになく、
日本特有の現象だといいます。

また調査で標準体重とされた女性の52%がもっとやせたいと考えていることも判明しました。

「やせているほうが美しい」という意識は、強迫観念のように女性に染み付いているようです。

ある高校で生徒のダイエット指導をしていた教諭は、「女子にはやせると人生が良い方向に変わり、 幸せになると思う傾向がみえる」といいます。

女性が見た目の理想に強くこだわるのは、スマートで美しいことが女性にとっては最大の価値で、勉強や仕事で成功しても美しくなければ最終的には成功したことにならないという、思いが根強いからかもしれません。

肥満もやせも個人の努力や意識の変化だけでは歯止めはかけられません。

英国政府はやせたモデルの起用の自粛を呼びかけ、スナック菓子などの高脂肪食品に「脂肪税」と呼ばれる付加価値税をつける制度について検討しています。

日本も厚生労働省が、「食環境整備に関する検討委員会」を設置し、「ダイエット食品を含め、食の供給側の責任についての議論を始めた」といいます。

ダイエットで痩せる事を成功させ、肥満者を減らすには、社会全体で問題意識を高めていくことが大切なのです。

***********************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/32014538.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


マイクロダイエットランキング



政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
【薄毛人補完計画】
ネットビジネス【経営者補完計画!】


posted by keiko at 17:35 | Comment(29) | TrackBack(2) | ダイエット
2007年03月26日

ダイエットにおけるVLCD療法

ダイエットで減量するためのVLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)では、必須アミノ酸を含む蛋白質を50〜60g/日、各種ビタミンとミネラルを必要十分量含有し、
糖質と脂質は極力少なくしたフォーミュラー食を用います。

フォーミュラー食には、オプチファースト、オペキュア、マイクロダイエットなとが商品化されています。1袋160〜180kcalです。

総エネルギ480〜540kcal/日で、蛋白質は乳蛋白と卵白蛋白を含有し、鉄、亜鉛、カルシウム、カリウム、ナトリウム、次いで水溶性ビタミン、脂溶性ビタミンを含みます。

粉末となったものを水に溶かし, 1日3回服用する、水分は2〜3リットル摂り、尿量を1日1,000ml以上確保するようにします。

安全性に関しては、確実に摂取できれば肝機能や腎機能などに影響はありません。

ただし、尿酸値の上昇がみられます。

これは飢餓時に脂肪が動員され、脂肪がβ酸化してケトン体ができると、腎臓でケトン体と尿酸が競合し、尿酸排壮が抑制されるためと考えられています。

ダイエットで痩せるためのVLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)完全法では体重減少が顕著で、1日約250〜300g、1か月5〜10kgまでの減量が得られます。

空腹感は個人差がありますが、ケトン体が出てくると抑制され、継続が可能となります。

虚血性心疾患などがない症例、また精神的健康度の高い重症肥満で用いられます。

ダイエットにおけるVLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)の完全法は食べるという楽しみがないため、効果があるとはいえ、なかなか継続実行しにくいのが現状です。

それに対して、不完全法として1日1袋を1〜2回摂り、後は一般食を1食400〜500kcalを1〜2回摂る方法があります。

これだと実施が容易ですが、効果はやや鈍り、1か月当たり2〜3kgの体重減となります。

完全法、不完全法のいずれもダイエットが必要な肥満症患者とのコミュニケーションが大切で、肥満症患者が納得してから開始する必要があります。

ダイエットの低エネルギー食療法に用いる一般食での蛋白質保持調整食(protein sparing modified fasting)選択時の注意点を紹介しまする。

一般食での蛋白質保持調整食とは、蛋白質25g、各種ビタミン(脂溶性、水溶性)とミネラルを必要量含んだもので1食400kcalです。

原則、1日これを3食摂れば、栄養学的には問題のない基本的なものです。

カロリーを上げる場合には、これを基礎に糖質と脂質を増やします。
***********************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/29113891.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

マイクロダイエットランキング



政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
【薄毛人補完計画】
ネットビジネス【経営者補完計画!】


posted by keiko at 22:01 | Comment(1) | TrackBack(5) | ダイエット
2007年03月24日

ダイエットにおける食事の仕方の注意

ダイエットで減量するためには、次のようなことにも注意しなければいけません。

肥満者では一般に「早食い」、「まとめ食い」、「偏食」、「ながら食い」が顕著にみられます。

また、食べていることの自覚がない場合も多く見られます。
これらに対しても指導する必要があります。

食事をよく味わうこと:
噛むことは脳に食べたという満足の信号を与えます。
したがって、一口ごとに20回噛む習慣をつけることが大切です。

規則正しく食事時間を決めること:
特に寝る前のまとめ食いは肥満の原因です。
活動開始にして食べることが大切です。
特に朝食は多めに摂り、
夕食は減らすようにします。
寝る前の食事は禁止します。

まとめ買いの禁止:
肥満者では、買い物時に
一度に多くの食品をたくさん買っている風景をみます。
冷蔵庫がいつもいっぱい詰まっているような状況は,
見直さなければなりません。

ダイエットで減量し痩せるためには、肥満者にみられるこのような特殊な食事の仕方を変えさせることも非常に重要なことです。
***********************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/29355987.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
【薄毛人補完計画】
ネットビジネス【経営者補完計画!】


タグ:ダイエット
posted by keiko at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
2007年03月22日

ダイエットには日常生活運動も大事

ダイエットで痩せるために、米国の公衆衛生当局は、子供と遊んだり窓をふいたりすることも立派な"エクササイズ"としています。

しかし、エクササイズの定義をいくら広げても、米国人のなかには、まったく運動をしない人が25%もいます。

週の大半、1日最低30分は体を動かすという推奨ラインをクリアしているのは全体の3分の1以下です。

しかも、この推奨ラインの運動には生活習慣病のリスクを下げる効果しかありません。

つまり、カロリーの摂取量を減らさずに体重を落としたいなら、もっと体を動かす必要があります。

その点は子供も同様です。

ダイエットのために、トレーニングマシンなどで汗を流している少年もいますが、子供や少年の肥満は1980年の3倍近くに増えました。

米国では多くの家庭が都心から郊外に移り住み、歩くのに適した道が近所になくなりました。

その結果、今の子供たちは徒歩ではなく、車で学校に通うようになりました。

しかも大半の学校が、体育の授業を減らしています。

日常生活運動におけるカロリー燃焼量            

バスケットボールをする:280kcal
手押し式の芝刈り機で芝を刈る:193kcal
自宅で車を洗う:104kcal
小型トラクターで芝を刈る:88kcal
食器を洗う:80kcal
食事を作る:70kcal
テレビゲームで遊ぶ:53kcal
トランプで遊ぶ:52kcal
食洗器に食器を入れる(10分):35kcal
テレビを見る:35kcal
洗車に行く:35kcal
階段を昇る(2分):19kcal
歩いて同僚の机まで行く(1分):4kcal
エレベーターに乗る(2分):3kcal
同僚にメールを出す(作業時間1分):2kcal
食事のデリバリーを注文する(1分):1kcal
(カロリー消費量は,体重68キロの人が30分間作業した場合の概算)
***********************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/30823197.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

結局は運動のようです。ルームランナーランキング

政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
華麗なる一族 主演・木村拓哉【ドラ考】
ネットビジネス【経営者補完計画!】
【薄毛人補完計画】


posted by keiko at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
2007年03月19日

ダイエットに効果的な食事療法

ダイエットに効果的な肥満症の食事療法は、@脂肪細胞機能異常による肥満症と、A脂肪組織の増加による肥満症の2つに分けて考えます。

肥満症の食事療法は1,800〜1,000kcal/日の肥満症治療食と、600kcal以下の超低カロリー食に分類さます。

肥満症の食事治療は標準体重にする必要はなく、肥満に伴う合併症を改善することにあります。

食事療法は肥満症治療に必須で、最も重要な治療法です。

肥満症の食事療法は1,800〜1,000kcal/日の肥満症治療食と、600kcal以下の超低カロリー食(very low calorie diet:VLCD)
に分類されます。

肥満症の食事療法は、@脂肪細胞機能異常による肥満症(糖尿病、高脂血症、高血圧、高尿酸血症、脂肪肝、冠動脈疾患、脳梗塞)と、A脂肪組織の増加による物理的障害による肥満症(整形外科的疾患、睡眠時無呼吸症候群、月経異常)の2つに分けて考える必要です。

@脂肪細胞機能異常による肥満症のBMI25以上で内臓脂肪面積100以上または健康障害を有する脂肪細胞機能異常による肥満症では、数kgの体重減少でも代謝異常が改善するので、1,800kcal程度の緩やかな肥満症治療食から始めます。

具体的には(25kcal/kg×標準体重)を、目安にします。

A脂肪組織の増加による物理的障害による肥満症のBMI30以上で脂肪組織の増加による肥満症では、病態の改善のため体重を大幅に落として痩せることが必要ですので、より厳しい肥満症治療食、
1,400kcal程度の緩やかな肥満症治療食が必要です。

具体的には(20kcal/kg×標準体重)を、目安にします。
***********************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/30533127.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

オススメの低カロリー食は?

政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
華麗なる一族 主演・木村拓哉【ドラ考】
ネットビジネス【経営者補完計画!】
【薄毛人補完計画】


posted by keiko at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
2007年03月17日

ダイエットの効果に関する疫学的研究

痩せるためのダイエットによる、適度な食事制限と身体トレーニングは、個体のインスリン感受性を改善させ、インスリン抵抗性に関連するすべての疾患(マルチプルリスクファクター症候群/生活習慣病)の予防・治療に有用であることが、多くの疫学的研究によって証明されています。

近年における文明化された日常生活での身体運動量の減少は、グルメ志向による欧風化された食事(高脂肪食)と相まって、肥満症を代表例とする生活習慣病を増加させています。

すなわち、痩せるためのダイエットを行わないで、運動不足になると、筋におけるインスリン抵抗性を招き、糖代謝異常を来します。

インスリン抵抗性は代償性高インスリン血症をもたらし、肥満のほか、2型糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化症を引き起こし、
「シンドローム]」「マルチプルリスクファクター症候群」「死の四重奏」「インスリン抵抗性症候群」「内臓脂肪症候群」「代謝症候群」などと呼称される病態の発症・進展に重要な役割を果たしています。

肥満学生に対し追跡調査を行った研究成績では、肥満改善群では肥満非改善群に比べて、日常の身体活動レベルが中等度強度を示す生活活動強度U(第5次改定「日本人の栄養所要量」)である比率が有意に大でした。

食事療法と週3回の運動実施によるダイエットは、軽度肥満者のインスリン抵抗性を改善させました(Oslo食事・運動研究、ノルウェー)。

肥満者を含むIGT患者(522人)を、ダイエットによる食事・運動などの生活習慣介入群と対照群に分け経過観察を行ったところ、介入群の発症率は対照群に比べ低下しました。

また、食事療法の励行、運動実施、体重減少など、指導効果をスコア化したところ、両群いずれも達成率の高い者ほど発症率が有意に低下しました(フィンランド糖尿病予防研究、フィンランド)。

BMI (body mass index)平均が34.0の3,234人を、ダイエットによる生活習慣改善群(L群:低エネルギー、低脂肪食と毎週150分の中等度強度運動実施による7%体重減少)、薬物療法群(M群:メトホルミン850mg×2/日投与)、および対照群(C群:プラセボ投与)に分け、平均2.8年経過観察を行いました。

その結果、L群ではIGTからの糖尿病発症率がC群に比べて58%低下し、M群では31%低下しました(糖尿病予防研究、米国)。

***********************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/31499902.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

食事は3食摂ることが大切、そこでオススメのダイエット食をご紹介

政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
華麗なる一族 主演・木村拓哉【ドラ考】
ネットビジネス【経営者補完計画!】
【薄毛人補完計画】


posted by keiko at 17:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイエット
2007年03月13日

ダイエットの蛋白質成分・ミネラル・ビタミンの摂り方

ダイエットでも、基本的には、蛋白質は必須アミノ酸を含む動物性蛋白質(肉、魚、乳蛋白、卵白蛋白など)を十分(標準体重×1=約60〜70g)摂らなければなりません。

かつて絶食療法が行われ、筋肉の萎縮や心筋障害起こし突然死もあったことからも、減量時には蛋白質を十分摂取することの重要性が経験的にも実証されています。

減量時の蛋白質補給には、必須アミノ酸が全種補えない大豆蛋白(豆乳、豆腐)などは避けるべきです。

ちなみに、VLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)に用いるフォーミュラー食では、乳蛋白と卵白蛋白が基本として用いられています。

ダイエットで痩せるために減量中でも、ミネラル、ビタミンは十分に摂取する必要があります。

骨軟化を抑制し、代謝を維持するためなどに必要な成分だからです。

ミネラルとしては、カルシウム、鉄、銅、マンガン、マグネシウムなどが微量ながら大切でこれらを含む野菜、特に葉物、色野菜が選ばれます。

通常は1日100g摂る(大盛サラダ皿2杯)ことを奨め、糖質(ご飯類、パン類)は極力減らします。

肥満者は一般に便秘傾向があり、これに減量食を摂ると便通は一層滞り、減量食中断の要因ともなりかねません。

また、体重の減らない原因ともなります。

したがって、減量食では残渣の多いもの(ごぼう、にんじん、たけのこ)、かさの大きいもの(こんにゃく、きのこ)、有機酸含有食品線維成分(すっぱい果物、ヨーグルト)などを取り入れるようにしましょう。

***********************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/29111330.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

有機酸含有食品線維成分は自作しましょう!

政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
華麗なる一族 主演・木村拓哉【ドラ考】
ネットビジネス【経営者補完計画!】
【薄毛人補完計画】


タグ:ダイエット
posted by keiko at 23:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイエット
2007年03月09日

ダイエットの半飢餓療法

ダイエットによる、肥満症に対する食事療法には、絶食療法、超低エネルギー食療法(半飢餓療法、very low calory diets;VLCD)、低エネルギー食療法(LCD)があります。

VLCDでは、1日の摂取エネルギー600kcal前後の食事療法を1週間以上継続します。

VLCDは短期間での減量効果は大きいのですが、重篤な合併症を引き起こすこともあるため、行うには専門医による十分な検討が必要です。

ダイエットで痩せるための VLCD が適応となるのは、小児、妊婦を除く17〜70歳の成人、BMI(body mass index) 30 kg/m2以上で
一般の低エネルギー食での治療に抵抗性の難治性高度肥満患者、
肥満による障害のため早期に体重減少を必要とする方です。

禁忌は、比較的新しい心筋梗塞の既往のある者や、不安定狭心症、重篤な不整脈、脳血管障害、肝腎障害、消耗性疾患、精神疾患、1型糖尿病の患者、妊婦などです。

VLCDによる副作用として、突然死、QT延長、心室性不整脈、胆石、高尿酸血症、痛風、膵炎、下痢、便秘、悪心、起立性低血圧などがあります。

VLCDでは、1日摂取エネルギー420kcalに蛋白質70g、糖質30g、脂肪2g、ビタミン、補酵素、微量元素を含み、体蛋白の過剰な喪失を防ぐよう調整された規格食品を用い、実施には入院治療を原則とします。

VLCD開始前に低エネルギー食を1〜4週間実施し、徐々に減量していきます。

VLCD期には規格食品を1日3回に分け水に溶いて服用し、そのほかに水分1日2〜3l以上を摂取します。

副作用の観点からVLCDの継続は4週間、長くても8週間とします。

VLCD終了後は2〜3週間かけて低エネルギー食(800〜1,000kcal)から徐々に減量療法へと移行していきます。

この際、急激に摂取エネルギーを増大させると不整脈を合併しやすく、VLCDによる死亡が終了後2週間以内に多いことから、回復期にも注意が必要です。

治療中は血液、尿、心電図検査を最低でも隔週行い、適切な経過観察が必要です。

一般にVLCDによって2型糖尿病や高血圧は改善するため、内服薬などは減量または中止とします。

利尿薬は特に低血圧と電解質異常の危険があるため、VLCD前に中止すべきです。

ダイエットに対して、VLCDは、1週間に女性1.5〜2.Okg、男性2.0〜2.5kg、12週で平均20kgの減量効果があるなど、短期的な治療効果は大きいです。

しかし、長期的には体重減少維持が難しく、3年以上の観察ではVLCD単独による減量成功率は14%と、800〜1,800kcalでの食事療法による成功率18%と比較し優れているとはいえません。

日本におけるVLCDによるダイエットでの治療報告でもリバウンドが多く認められています。

VLCDに行動修正療法や外来受診を併用するとVLCDの成功率が上昇するとの報告や、VLCD中の運動療法の併用も勧められており、

長期に減量を維持するためには、患者の性格などを加味してVLCD、LCDの適応を選択し、運動療法、行動修正療法などの併用も重要となります。

***********************************
痩せるダイエット法
http://ameblo.jp/diet11/
original article
http://ameblo.jp/diet11/day-20070110.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

テレビ通販で大ヒット「スレンダートーン」の一番安いショップは??

政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
華麗なる一族 主演・木村拓哉【ドラ考】
【ネットビジネス】経営者補完計画!


posted by keiko at 15:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイエット
2007年03月07日

ダイエット後の減量に必要な身体活動量

ダイエットで痩せる事に成功して、肥満に伴う代謝異常が改善した状態を保つには、ダイエット後の体重を維持する必要があります。

運動身体活動はダイエットで減量し、痩せる事に成功した後の体重維持にも有用とされていますが、ダイエットによる減量体重の維持や肥満の予防に必要な身体活動量は、従来の運動身体活動指針が指示するレベル(1,000kcal/週)よりもはるかに多く、2,000〜2,500kcal/週が必要とされています。

ダイエットで減量し、痩せる事に成功した後の体重維持を、
こうした大量のエネルギー消費を低〜中等度の強度の運動/身体活動でこなすのは、膨大な時間を要し、実際問題として困難なことが多いのが現実です。

したがって、運動開始当初は低〜中等度の強度の運動や日常生活の身体活動量を増やすことから始めるとしても、可能ならば、次第に強度を上げて強い運動に移行していくことが望ましいと考えられています。

***********************************
痩せるダイエット法
http://ameblo.jp/diet11/
original article
http://ameblo.jp/diet11/day-20070116.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

無理のない運動にはジョーバが最適→一番安いジョーバは?

政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
華麗なる一族 主演・木村拓哉【ドラ考】
【ネットビジネス】経営者補完計画!


posted by keiko at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
2007年03月05日

ダイエット行動療法の第一歩

ダイエットで痩せるために、食事療法と運動療法は肥満症の主要な手段です。

しかし、その導入と実行には困難が伴います。

ましてやその長期的実践は難しいと言わざるを得ません。

太っている方はそれらの必要性を理解しているにもかかわらず、行動に移せないのです。

ダイエットで痩せるためには、「肥満症の方は運動療法や食事療法がそもそも苦手な人たちである」ということを自分自身が認識する必要があります。

肥満症によって起きる疾患の予後を理解したり、栄養学的な勉強をすること、つまり、知識量を増加させることだけでは、これらの苦手な課題を克服することは難しいです。

肥満症の方にとって「今何が問題なのか」を具体的に抽出し、
自分自身が可能なことから修復していくという行動療法的アプローチが必要になります。

ダイエットで痩せるために、肥満症の行動療法を行うためには、
肥満者自身の「動機づけ」と「自己管理」が重要です。

肥満者自身には食行動や日常生活の「ずれ」と「くせ」が存在すします。

グラフ化体重日記は「問題行動の抽出」「問題行動の修正」
「報酬」「適正行動の強化と維持」「自己管理」といった点で行動療法に有用です。

ダイエットで痩せるために、講演会に行き、講師の先生の話を
一生懸命聞いてきたとします。

家に帰って、「今日の話はなかなかためになる話だった。もう少し気をつけなくちゃあ」と反省しますが、その一方でテレビを見ながら、お菓子をパクパクと口に運んでしまうのが肥満症の方の特徴的行動です。

本人は「食べ過ぎると太るし、それが悪い」とわかっているのです。

しかし「わかっているけど、結局は止めることができない」。

肥満症の方には固有のライフスタイルがあります。

肥満症の方には食行動の「ずれ」と「くせ」があります。

肥満症の方は知識の増加で満足しがちです。

肥満症の方の知識の増加は必ずしも、ダイエットで痩せる行動変化にはつながりません。

これらの前提にたって、この行動様式をむしろ肥満症の一病態ととらえ、なぜそうなるのか、どうしたらこの行動パターンを修復できるのか、これらの点を考え直してみることが、行動療法の第一歩となります。
***********************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/31228851.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

精神面を鍛えることも重要です!

政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
華麗なる一族 主演・木村拓哉【ドラ考】
【ネットビジネス】経営者補完計画!


posted by keiko at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
2007年03月03日

ダイエット食事療法による栄養素摂取不足

ダイエットで痩せるために、1,000〜1,200kcal/日のエネルギー摂取では通常食べているものをそのままの割合で減らすと、いくつかの栄養素の摂取不足となります。

肥満症の食事療法で大事なのは、健康に障害を与えないで体脂肪を減らすことであり、摂取エネルギーを全体に抑えるなかで蛋白質、糖質、脂質を適正に配分し、ビタミン、ミネラルも不足しないようにします。

肥満症治療食の栄養素の設定で蛋白質は標準体重×1.0〜1.2g/日、脂質は必須脂肪酸の確保のため20g/日以上、糖質は100g/日以上、ビタミン、ミネラルは必要量を確保します。

最も重要なのは蛋白質です。

近年、特定の食品に偏ったダイエット法が若い人たちの間で流行していますが、低蛋白質が原因と考えられる骨粗素症や貧血、無月経などの発症が認められることがあり、社会問題化しています。

このような場合、1日に必要な蛋白質の確保が必要で、蛋白質は体蛋白の崩壊を防ぎ、生体に必要なアミノ酸を供給します。

このために良質の蛋白質を摂取することが必要です。

肥満者のエネルギー必要量は必ずしも同じではないので、食事制限によるエネルギー不足は、エネルギー必要量が多くなればなるほど多くなります。

摂取エネルギー量の設定は、仕事が事務か激しい肉体労働か、運動量は多いか少ないか、などを考慮して決定します。

ダイエットで痩せるための肥満症の食事療法では1,000〜1,800kcalという幅広い摂取エネルギー量のなかから、一人ひとりに合った食事療法を選択するよう心がけねばならないのです。

BMI30以上の人のダイエットで痩せるゴールを、標準体重(kg)=身長(m)2×22に求める必要はなのです。

肥満症の治療は標準体重にすることにあるのではなく、肥満に伴う合併症を減量させることにより改善することにあります。

体重を数kg減少させるだけで糖・脂質代謝異常、高血圧などは著明に改善します。

当初の目標は3〜6カ月で体重の減少が5kg、BMIの減少が2などとし、目標が達成できればさらに体重を2kg、BMIを1減少させるといった実行可能な目標を作り、それを繰り返します。

***********************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/30572220.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

私はこれで代用しています

政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
華麗なる一族 主演・木村拓哉【ドラ考】
【ネットビジネス】経営者補完計画!


posted by keiko at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | ダイエット
2007年02月28日

ダイエット食事療法の総エネルギーの設定

ダイエットで痩せて、減量するための食事療法の基本は、消費エネルギーよりも摂取総エネルギーを減らすことにあります。

そして脂肪動員を促進し、蓄積脂肪の減量を図ることです。


通常、基本代謝は1kg当たり1日24kcalとし、それに標準体重を掛け、次いで運動エネルギーを300kcal(軽度)または500kcal(中等度)加え維持エネルギーを求めます。


たとえば標準体重60kgの場合、60×24+300=1,740kcalが維持エネルギーとなります。

これよりも少なくなれば低エネルギー食となります。

無論、年齢によって基礎代謝は低下してくるので、その分は差し引く必要があります。

ダイエットで低エネルギー食を行っても健康を損なわない理由は、蓄積脂肪のもつ潜在エネルギーを計算してみると理解できます。

ちなみに、15sの脂肪は何日生きられるエネルギーに相当するかを計算してみると1gの脂肪組織は7kcal(脂肪は1g=9kcalですが、組織の場合に水分も多少あるので7kcalとして計算)なので、
たとえば300gの脂肪は2,100kcalのエネルギーを蓄えており、この2,100kcalは大人1日の消費エネルギーを十分補うことができます。

したがって、15sの過剰体重は15,000g/300g=50日分のエネルギーをもっていることになります。

つまり、摂取エネルギー成分をかなり減らしても、栄養学的には問題ということです。

このことを、ダイエットで痩せて減量する必要のある肥満の方に
話し理解してもらうことは、減量を始めるに際して、減量で体力がなくなるという不安を除くのにも有用です。

***********************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/29085028.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

食事療法必須グッズ

政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
華麗なる一族 主演・木村拓哉【ドラ考】
【ネットビジネス】経営者補完計画!


posted by keiko at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
2007年02月26日

ダイエット食事療法の注意点

ダイエット食事療法の注意点として、多くの肥満者では肥満に結びつきやすい食べ物である脂肪の多い肉類や甘いお菓子を好む反面、肥満になりにくい食べ物である繊維の多い野菜などを嫌う傾向がある事を忘れてはいけません。

エネルギー量についてもしばしば誤解があり、野菜サラダにドレッシングをたっぷりかけることなどは、その例です。

また、果物は低カロリーだと思い大量に食べたり、甘い清涼飲料水についても水代わりに飲んだりして、摂取エネルギーとして計算していない人がいます。

これではダイエットとは呼べませんし、痩せることもできません。

ダイエットで痩せる事を目標としている方で、牛乳は骨粗鬆症によいとたくさん飲んでいる女性もいますが、乳製品もエネルギーがあり多く飲めばコレステロールが上昇し、動脈硬化に結びつく可能性があり、注意を要します。

肥満を考えるうえで最も重要なのは、その食品がどのくらいのエネルギーをもっているかということで、これを食べればやせられるなどといった食品はありません。

内臓脂肪型肥満者の生活習慣については厚生労働省で大規模な疫学調査が行われました。

その結果、内臓脂肪型肥満者は食事を満足するまで食べる、間食をよくする、甘い清涼飲料水・スナック類・アイスクリームを好む、緑黄色野菜が嫌、女性では料理に砂糖をよく使う、自動車を使う、喫煙する人が多いなどの特徴が明らかになっています。

内臓脂肪型肥満の治療と予防にはこれらの生活習慣を是正し、ダイエット食事療法で痩せることが必要です。

肥満症治療で最も重要なことは、これまで食べてきた食事量より減らし、減量することによって合併症を改善し予防することです。

肥満症を放置しておくと種々の合併症が起こることを十分納得させ、動機付けを行うことが大切です。

***********************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/30823197.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

食事療法必須グッズ

政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
華麗なる一族 主演・木村拓哉【ドラ考】
【ネットビジネス】経営者補完計画!


posted by keiko at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
2007年02月24日

ダイエット用の誤った薬物使用

ダイエットで痩せるために、1年くらい前、中国の漢方薬での死亡例が相次いで報告され社会問題になったことがありました。

現在、欧米にて認可されている抗肥満薬のシブトラミン(中枢性食欲抑制薬)やオルリスタット(リパーゼ阻害薬)でも6カ月内服して4〜6kgの体重減少を起こすにすぎません。

それが、この漢方薬では1カ月に6kgも減量できるというのですから、それだけでも異常であり、この痩せ方は毒で痩せているだけと考えても当然なのです。

中国のこの漢方薬には実際、肝臓毒になるニトロソ化合物が含有されていました。

ダイエット用のこんな強力な薬剤とは違っても、「1日1本飲めば痩せる」と宣伝しているものもあります。

実際、健康食品のなかには、コレステロール低下作用や腸管からの糖質吸収阻害作用などの効果を有するものもあろます。

しかし、体脂肪の燃焼作用や体重減少効果を人間で証明したダイエット食品はほとんどありません。

したがって、減量の一助にはなっても減量法とはいえないのです。

以前は甲状腺ホルモン剤がダイエット用の抗肥満薬のなかに名前を連ねていた時代もありまた。

しかし、甲状腺ホルモン内服にて、減少するのは筋肉であり、
脂肪はほとんど減少しないことが明らかになり、現在では肥満に対しては使用しないことが常識になっています。

ダイエット用の中国の漢方薬が悪いというと何もかも漢方薬は悪いように聞こえるかもしれません。

しかし、日本でも肥満症の病名で医療保険の適応が取れている漢方薬があります。

それは「防風通聖散」です。

これは18種類の生薬よりなりますが、この内の麻黄にはエフェドリンが1gあたり3mg含有されており、連麹、ケイガイ、甘草には
ホスホジエステラーゼ阻害作用があるため、この漢方薬を内服させると交感神経系が持続的に活性化され、全身代謝量が冗進して痩せることが証明されています。

食事療法と併用すると6カ月間で食事単独より3kgさらに痩せられます。

このような漢方薬のあることを知っておくと便利なこともあります。

一方、サウナに入ると体重は減少し、一見痩せたような印象を与えます。

しかし、発汗により水分が減っただけで、水を飲むとすぐ元に戻ってしまいます。

脂肪が減少したのではないのでダイエットとはいえません。

また、利尿薬使用や下剤の乱用も同様に脂肪減少とは関係がないのでダイエットとはいえないのです。

ダイエットして痩せ、減量するには、正しい知識と情報、指導のもとに個人個人に合わせた適切な食事・運動指導と精神的ケアが行われるべきです。

安易な誤ったダイエット法には大きな危険がつき物であることを再確認して下さい。

***********************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/30497749.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

でも楽して痩せたいよね♪

政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
華麗なる一族 主演・木村拓哉【ドラ考】
【ネットビジネス】経営者補完計画!


タグ:ダイエット
posted by keiko at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(2) | ダイエット
2007年02月22日

トラディショナルな運動処方

ダイエットで痩せるためのトラディショナルな運動処方は、1回20〜60分程度の持続した有酸素運動(ウォーキング、自転車こぎ、水中歩行など)を週3〜5回行うというものです。

この運動処方は、元来、1970年代に健常人を対象に体力(心肺持久力)の向上を目標に設定されたもので、その後慢性疾患の治療や予防に「拡大解釈」されて用いられ、結果として有効性が確立してきたという経緯をもちます。

ダイエットで痩せるための運動強度は中等度〜強い強度が良いとされていますが、肥満者を含む慢性疾患の運動療法では、当初は中等度、すなわち、運動強度の指標である心拍予備能が50%のレベルで行います。

具体的には、最大心拍数の予測値(=220−年齢)を用い、(最大心拍数一安静時心拍数)×0.5+安静時心拍数となる心拍数で運動します。

補助的指標として、自分自身の自覚運動強度も参考になります。

50%の運動強度での自覚症状は「ややつらい」という程度で、軽く息がはずみながらも運動中会話が可能な強度です。

これまでの運動療法のエビデンスの多くは、このトラディショナルな運動処方によるもので、肥満者がダイエットで痩せるために対する減量効果は2kg程度です。

これは、この運動処方が心肺持久力の向上を目標に設定されており、エネルギー消費量が多くないためであるとされています。

***********************************
痩せるダイエット法
http://ameblo.jp/diet11/
original article
http://ameblo.jp/diet11/day-20070112.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

トラディショナルダイエットに必要なモノ

posted by keiko at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
2007年02月20日

誤った単品ダイエットによる障害

痩せるための誤った単品ダイエットとして、手軽で安価な一品目のみを食べるダイエットが流行したことがありました。

グレープフルーツダイエット、リンゴダイエット、パイナップルダイエット、ゆで卵ダイエットなどです。

これらのダイエットは、体重は減少してもビタミン欠乏性多発性末梢神経障害や筋力低下、知覚異常、さらには、口内炎、不整脈、意識消失発作などの重篤な障害を起こす症例が相次いで報告され、今では間違ったダイエット法として知られています。

肥満とは脂肪が過剰に体内に蓄積した状態をいい、肥満が悪いのは太れば太るほど糖尿病、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病を合併するからです。

肥満が多くの合併症を伴うのは、脂肪細胞は単なるエネルギーの貯蔵庫ではなく、多くの合併症を引き起こすホルモンを多数分泌する内分泌器官でもあります。

例えば、インスリン抵抗性の糖尿病の元凶となりうる腫瘍壊死因子(tumor necrosis factor−α:TNF−α)、高血圧症の原因になりうるレプチンやアンギオテンシノーゲン、さらには、動脈硬化の元凶となるアデイポネタテンなどのホルモンが分泌されているのです。

さらに、これらの合併症は、今ある体重から5〜10%減量(脂肪量の低下)できればホルモン分泌は正常化され治ってしまうことも明らかにされています。

それゆえ、脂肪の過剰蓄積が悪いので減量にて脂肪を減らすことは大きな意味があります。

しかし、上記のような果物やゆで卵による単品ダイエットでは、
生命の維持に不可欠な蛋白質(必須アミノ酸)やビタミン、ミネラルが欠乏し、重篤な前述のような合併症をきたしたり、基礎代謝量の低下につながり、筋肉量や水分は減少しても、脂肪の減量は少なく、その減量もすぐに止まってします。

日本人成人は、骨格筋の維持のためにも、栄養学的に1日最低70gの蛋白質(1〜1.2g/kg・標準体重)を摂取すべきなのです。

これは、牛乳(200ml)1本
+卵1個+魚80g(刺身5切れ)
+肉80g(8×4×0。8cm)
+豆腐1/2丁に匹敵します。

このようにダイエットには
正しい栄養学的知識や情報が必要なのです。

***************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/30447113.html
***************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
タグ:ダイエット
posted by keiko at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
2007年02月18日

行動療法としてのグラフ化体重日記

ダイエットで痩せるために、行動療法としてグラフ化体重日記の意義は何でしょうか。

起床直後、朝食直後、夕食直後、就寝直前の1日4回の体重測定による波形の形や規則性から食行動やライフスタイルの問題点を抽出します。

修正行動を開始し、それがどのように波形に現れるかを確認します。

抽出した問題点および修正した行動が適切なもの(適正行動)であれば、体重が減少するか、体重増加が抑制されるかの効果が認められます。

減量は報酬として肥満症の方の動機水準を向上させます。

動機水準の向上によって、肥満症の方は修正行動の数や強度を増加させ、適性行動の長期持続が可能になります。

大事なことは1週間の体重の変化ではなく、毎日の体重の増減が
食行動に対応してどう変化しているか、これを知ることです。

肥満症の方が予想した以上に1日の体重変化が大きいこと、夕食の内容や時間によって、翌日、起床時の基本体重が影響されていること、などを注目します。

正常な体重の日内変動は、「食べれば増え、食べなければ減る」
という簡単な原則です。

この原則からはずれた体重波形、これを異常と判断し、ダイエットに取り込んでいくわけです。

また起床時の体重が前日の起床時と比べて、増加したか減少したかは最も注目すべきポイントです。

増加していれば前日の食生活あるいはライフスタイルが体重減少にとってふさわしくないことを意味しています。

この際、前日の摂食量が多いかどうかだけを問題にするのは誤りです。

食事の内容だけでなく、食事時間や運動量など多くの因子が体重の増減に関与しているからです。

問題点抽出を肥満症の方自身によって行われることが重要なのです。

多くの場合は、食事時間や間食などの是正だけで、ある程度の体重は減少します。

肥満症の方がダイエットで痩せるためには、肥満症の方自身が
食行動やライフスタイルにどのような悪循環が存在するかに気づかねばなりません。

そして、肥満症の方が自分自身でその修復を図るというアプローチが必要です。

すなわち「自己管理」が大事なのです。

ここで初めて、食事療法を含む肥満症のダイエットが本来の威力を発揮してきます。

***********************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
originalarticle
http://yaseru1.seesaa.net/article/31341761.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
華麗なる一族 主演・木村拓哉【ドラ考】
【ネットビジネス】経営者補完計画!


posted by keiko at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
2007年02月15日

根拠に基づく痩せるためのダイエット

痩せるためのダイエットだけでなく、現在、医学・医療の現場では、医学的根拠に基づく医療(evidence-based medicine ; EBM)
が求められています。

肥満症の運動療法でダイエットをして減量することについても、
身体運動をはじめとする生活習慣の是正による減量が、肥満耐糖能障害者の糖尿病発症率低下に有用であるとする大規模臨床成績が次々と報告されています。

また、分子生物学的アプローチによる運動の効果のメカニズム解明が進行中であるなど、肥満症の運動療法の有用性を示唆する多くのエビデンスが次々と見出されています。

一方、厚生労働省によって肥満、2型糖尿病を代表例とする「生活習慣痛」の概念が導入されました。

また、身体活動・運動や栄養・食生活などの生活習慣を改善することによってダイエットを行い痩せることによって、肥満者の減少など危険因子を低減し、糖尿病などの疾病を減少させ、健康寿命の延長を目指した「健康日本21」が県・市町村レベルで実施段階に入っています。

さらに、法的基盤整備として「健康増進法」が制定され、2003(平成15)年5月から施行されました。

そもそも、肥満は体の貯蔵脂肪が過剰に蓄積した状態です。

したがって、肥満症治療の原則は、エネルギー出納のバランスを
長期的かつ継続的に負に保ち、脂肪組織を減少させることにあります。

すなわち、身体トレーニングを実施することにより、食事制限の結果低下する個体の基礎代謝を上昇させるとともに、脂肪組織に脂肪分解を起こさせ、生じた遊離脂肪酸(FFA)を効率的に運動(収縮)筋で利用(消費)させなければなりません。

しかし、高い強度の運動では脂肪組織の減少効果は少ないとされています。

したがって、運動療法のポイントは、特別なスポーツを行うことよりも、日常生活のなかで身体活動性を増加することにあります。

***********************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/31455335.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

政治経済から芸能スポーツまで【総論賛成各論反対!】
華麗なる一族 主演・木村拓哉【ドラ考】
【ネットビジネス】経営者補完計画!


posted by keiko at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
2007年02月13日

食事療法の総エネルギーの設定

ダイエットで痩せるための減量に必要な食事療法の基本は、消費エネルギーよりも摂取総エネルギーを減らすことにあります。

そして脂肪動員を促進し、蓄積脂肪の減量を図ることです。

通常、基本代謝は1kg当たり1日24kcalとし、それに標準体重を掛け、次いで運動エネルギーを300kcal(軽度)または500kcal(中等度)加え維持エネルギーを求めます。

たとえば標準体重60kgの場合、60×24+300=1,740kcalが維持エネルギーとなります。

これよりも少なくなれば低エネルギー食となります。

無論、年齢によって基礎代謝は低下してくるので、その分は差し引く必要があります。

ダイエットで低エネルギー食を行っても健康を損なわない理由は、蓄積脂肪のもつ潜在エネルギーを計算してみると理解でききます。

ちなみに、15sの脂肪は何日生きられるエネルギーに相当するかを計算してみると1gの脂肪組織は7kcal(脂肪は1g=9kcalですが、組織の場合に水分も多少あるので7kcalとして計算)なので、
たとえば300gの脂肪は2,100kcalのエネルギーを蓄えており、この2,100kcalは大人1日の消費エネルギーを十分補うことができます。

したがって、15sの過剰体重は15,000g/300g=50日分のエネルギーをもっていることになります。

ダイエットで痩せるための減量を目的に摂取エネルギー成分をかなり減らしても、栄養学的には問題ということです。

このことを、ダイエットで痩せて減量する必要のある肥満の方に話し理解してもらうことは、減量を始めるに際して、減量で体力がなくなるという不安を除くのにも有用です。

**************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/29110560.html
**************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


posted by keiko at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | ダイエット
2007年02月09日

肥満症の食事療法の基本

肥満症を治療し痩せるために最も有効なのは食事療法です。
食事療法は、代謝異常の改善に対しても有効性が高い方法です。

この食事療法の基本原理は、摂取総エネルギーを消費エネルギーよりも減らし、蛋白質、ビタミン、ミネラルは必要十分量を摂ることです。

肥満治療食はエネルギー別に、1,000〜3,000kcal(20〜25kcal/kg)の低エネルギー食、さらに1,600〜1,800kcal(25〜30kcal/kg)の維持食に分けられます。

また総エネルギー600kcal/日前後の超低エネルギー食(very low calory diet)とも呼ばれ、蛋白質保持調整食(フォーミュラー食:蛋白質、ビタミン、ミネラルを必要量含有し、糖質と脂肪を極力減らす:1パック120〜180kcal)を用いる。

完全法は1日3回これのみを摂取するが、1〜2食用いる不完全法もある。

肥満症を治療し痩せるためには、VLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)が有効です。
VLCD療法の応用した一般食のメニューも有用です。

しかし、肥満食事治療の問題点は、一旦減量できても維持が難しく、リバウンドを起こしやすいことです。

でき上がっている食習慣を変えることは、実は全生活習慣の変更までも必要とします。

***********************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/
original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/29109895.html
***********************************
アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


posted by keiko at 15:43 | Comment(0) | TrackBack(2) | ダイエット

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。